血友病患者さんとご家族のための情報誌「ECHO」

ECHO身近な相談室

初めての修学旅行で気をつけること

イラスト

千葉大学大学院医学研究院 小児病態学 日野 もえ子


もうすぐ中学校の修学旅行があります。どんなことに気をつけたらよいでしょうか?(14歳血友病A患者)

中学生になった君。最近は外来に来ても、小さいころのようにお話ししてくれなくなりましたね。それも君の成長なんだろうけど、先生はちょっぴり寂しいです。

修学旅行に行くのですね。もう一人で注射できるようになったのは知っていますよ。でもときどき、お母さんに言われるまで注射を忘れていたり、足が痛くなっても教えてくれないことがあると聞いていますので、少し心配です。そんな君に、修学旅行に行く前に確認しておいてほしいことをまとめました。

出発前に準備しておくこと

旅行中に、定期注射をする日はありますか? 1泊2日であれば、定期注射の予定をあらかじめずらして、旅行中は定期注射がないようにしておいてもよいでしょう。しかし定期注射がなくても、もしもの時に使えるように製剤を持っていく必要があります。2泊以上なら、無理せず旅行中に定期注射をしましょう。

修学旅行は、自分の血友病のタイプ・重症度・使っている製剤の種類と量を確認する良い機会です。一人でいるときに切り傷ができた、頭をぶつけた、足が痛いといった症状が出たらどうしたらよいか、家庭で確認しておきましょう。わからなかったら主治医の先生に聞いてください。

旅行先で困ったときに受診できる病院を探しておきましょう。製剤を作っている会社のホームページから、国内の血友病を診ている施設一覧を調べることができます。わからなければ主治医の先生に聞いてみましょう。

君が血友病であることを、学校の先生や友達は知っていますか? 学校の先生には知っておいてもらった方がよいと思います。友達にも、「出血したら止まりにくい体質」だということは伝えておくと良いでしょう。

修学旅行先での注意点

旅行先のスケジュールを家族と確認して、予備的補充が必要かどうか、話し合っておきましょう。特に関節出血したことがある人は、たくさん歩いたり、いつもと違う運動(登山、海水浴など)をする時には予備的補充をしておくとよいかもしれません。

旅行先で注射をする場合は、いつ・どこで注射をするか先生と相談しておきましょう。朝早く起きて注射するのか、自分の部屋でするのか、先生の部屋でするのか、あらかじめ決めておくと安心です。

修学旅行から戻ってから

旅行中の注射がうまくいったかどうか、家族や主治医の先生は心配しています。修学旅行の思い出とともに、出血や痛みがあったかどうかについても、きちんと報告しましょう。

修学旅行をきっかけに、血友病についても学び直すことができましたね。一回り成長した姿を先生にも見せてくださいね。

診療施設をお探しの方へ
持ち物チェックリスト
凝固因子製剤(季節によっては保冷剤も
輸注キット
保険証、小児慢性特定疾病医療費助成制度などの受診券/dd>
病院連絡先(かかりつけ病院・旅行先の病院)

PP-JIV-JP-0416-26-01

お役立ち情報

  • 血友病輸注記録アプリFactorTrack
  • 血友病関節ビジュアライザー
  • 血友病患者さんのための情報誌「エコー」
  • かた丸くん忍法ナビ
  • ECHOミュージアム