サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

学校の先生方へ

血友病の子どもたちを担当される先生方へ

その他の注意事項

イブプロフェン、アスピリンやインドメタシンのような解熱・鎮痛剤は出血症状を悪化させる危険があるので避ける必要があります。病院では安全な解熱・鎮痛剤や湿布薬を処方しますので、これも保護者と連絡を取って必要なら保健室などに置いてもらうことを考えてみてはいかがでしょう。

禁止する製剤

薬を使用するときには、必ず薬に添付されている説明書や、薬の外箱や瓶の外装紙などに記載されている成分を確認するようにしてください。

イブプロフェン

イブプロフェンは血友病で出血症状の悪化が報告されているので使用を避けましょう。

イブプロフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在)

イブプロフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧1

イブプロフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧2

イブプロフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧3

アスピリン(アセチルサリチル酸)を含んでいる薬剤

アスピリンは血友病で出血症状の悪化が報告されているので使用を避けましょう。

アスピリンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在)

アスピリンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧1

アスピリンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧2

インドメタシンのような消炎鎮痛剤を含む湿布薬や外用薬は、避ける必要があります

消炎鎮痛剤を含まない湿布薬や外用薬もあります。病院では安全な薬が処方されますので、保護者と 相談の上、保健室などに常備することを考えてみてはいかがでしょう。

インドメタシンを含有する外用薬(2012年4月現在)

インドメタシンを含有する外用薬(2012年4月現在) 製剤一覧1

インドメタシンを含有する外用薬(2012年4月現在) 製剤一覧2

インドメタシンを含有する外用薬(2012年4月現在) 製剤一覧3

血友病の子どもが風邪をひいた時はどうしたら良いのでしょう?

血友病の子どもが風邪をひいて発熱して保健室に来た場合に注意してほしいことがあります。イブプロフェン、アスピリンやインドメタシンのような薬は血小板の機能を障害し、出血傾向を高めることになるので控えてください。最近の市販薬の多くはアセトアミノフェンになっており、ほとんどが問題ありません。心配な場合は、前もって保護者や医師と相談して、使用できる薬を学校で預かっておきましょう。

使用できる解熱・鎮痛剤、かぜ薬

アセトアミノフェンは安全な薬剤です。

アセトアミノフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在)

アセトアミノフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧1

アセトアミノフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧2

アセトアミノフェンを含有する解熱鎮痛剤、かぜ薬(2012年4月現在) 製剤一覧3