サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

学校の先生方へ

血友病の子どもたちを担当される先生方へ

はじめに

血友病の患者さんは全国で約5000人おられますが、血友病の子どもを診察した経験のある医師や病院は多くありません。まして学校は「血が止まりにくい血友病の子」と聞いて、受け入れ可能だろうか、どのように指導するのか、体育はどうするのか、事故の時にはどう対処するのかなど、困惑されても当然でしょう。しかし、現在、血友病は定期補充療法の普及により、出血を予防したり、出血の程度を軽くすることが可能になってきており、血友病の子どもたちの症状は数年前と大きく異なっています。血友病についてよく知り、対応をしっかりすれば血友病の子どもたちも特別な心配もなく普通に学校生活を送れます。今回、この病気について学校の先生方にも正しく理解していただき、血友病の子どもたちが楽しい学校生活を送れる助けになればと考え、最新の知見に基づき本冊子を改訂しました。

どうか正しい知識と御理解をもっていただき、血友病の子どもたちが他の子どもたちと同様にすばらしい学校生活を送れるように御支援くださるようお願い申し上げます。

医療法人財団 荻窪病院 理事長 花房秀次
医療法人財団 荻窪病院 血液科カウンセラー 臨床心理士 小島賢一