サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

血友病についてのQ&A

血友病ってなに?

輸注について

1

家庭でも凝固因子製剤の注射ができるのですか。

1

家庭療法(家庭輸注療法、自己注射)は1983 年2月から、認可されています。

家庭でも凝固因子製剤の注射ができるのですか。

家庭療法とは

凝固因子製剤を家庭などで、医師の手を借りずに輸注することを家庭療法といい、いくつかの条件を満たした場合に許可されています。

家庭療法の意義

家庭で出血に気づいてすぐに凝固因子製剤を輸注すれば、痛みを早く止めることができます。また、出血を早く止めることによって治療期間が短縮し、関節障害を防ぐことができます。通院や入院をする必要がなくなり、精神的、経済的、時間的負担も少なくなります。

家庭療法を行うための条件

血友病や治療法、静脈注射の方法、器具や薬剤の取り扱い方など、いろいろなことについて、十分な知識と技術を持っていただかなければなりません。また、家庭療法を始めても、1ヵ月に1 回は診察を受ける必要があり、指示されたことを守り、きちんとした記録をつけなければなりません。

患者さん・ご家族へ

  • 血友病輸注記録アプリFactorTrack
  • 血友病関節ビジュアライザー
  • 血友病患者さんのための情報誌「エコー」
  • かた丸くん忍法ナビ
  • ECHOミュージアム